ホーム » Psychology » 【必見!】人間関係がストレスと感じるあなたへ原因と解消法を解説。
a

【必見!】人間関係がストレスと感じるあなたへ原因と解消法を解説。

Psychology

「あの人のことを考えただけで頭痛がする…」
「信頼できる人がいない職場に行くのがつらすぎる」
「会社のことを考えただけで憂鬱になる」

こんな悩みを持たれている方いませんか?

生きている限り、他人との関わりはきってもきれませんよね。
そのため、人間関係のストレスに悩まされている人も少なくないでしょう。

ストレスが多くかかるとさまざまな病気の原因になったりと、私たちに悪影響を及ぼす原因になります。
できるなら、人間関係にストレスを感じることなく毎日を楽しく過ごしたいですよね。

そこでこの記事では、

  • 人間関係のストレス解消法
  • 人間関係がストレスになってしまう原因
  • 人間関係にストレスを感じやすい人の特徴

などについてくわしく解説していきます。

この記事を読めば人間関係の悩みから解放され、より充実した人生をおくれるはずです。
ぜひ最後まで読んで見てくださいね!

ストレスとはそもそも何か?という方は以前書いた記事をご覧になってみてください!

【現代人の悩み!】ストレスとは。。ストレスを溜めない習慣や思考法について
ストレスとは何か?自分のストレスサインを知ることの大切さについて解説。また、ストレスを溜めないための生活習慣や、思考法についても簡単に説明しています。

人間関係でストレスを感じやすい人の5つの特徴

人間関係にストレスを感じやすい人には、ある共通した特徴があります。
ここではその5つの特徴について、くわしくみていきましょう。

あなたに当てはまる項目がないかチェックしながら読み進めてみてくださいね。
それではさっそくみていきましょう!

気が弱い

気が弱い性格の人は、人からの目や評価を気にしすぎる傾向があるため、ストレスをためやすいでしょう。

気が弱い人は職場の雰囲気がわるいと、たとえ自分に関係がなくても「原因は私かもしれない」と思ってしまいがち。
自分に自信がないことから、何か問題が起きれば自分の責任と考えてしまうのです。

自分よりも他人にどう思われているかを優先してしまうため、人の気分や周りの環境に流されやすくストレスを抱え込みやすいのでしょう。

他人の評価を気にしすぎる

他人の評価が気になりすぎてしまう人も、ストレスを感じやすいでしょう。

人の評価を気にしすぎると、自分の意志ではなく他人の意見に大きく左右されやすくなってしまいます。
そのため、他人に評価を受けられなければ、「自分は価値のない存在」といったように自信をなくしてしまうのでしょう。

他人の評価そのものにとらわれてしまうことはストレスの原因となり、結果的に本人が苦しんでしまうのです。

思ったことを口に出せない

自分の感情や考えを口に出せない性格の人も、ストレスを感じやすい傾向があります。
意見をあまり口に出せない人は、自分のなかだけで感情や考えをコントロールしがちです。

たとえば、誰かに嫌なことをいわれてもグッとひとりで我慢してしまう人は、このタイプに当てはまるでしょう。

人に相談するのも苦手な人が多いことから、悩みをひとりで抱え込んでしまいストレスを余計に抱えてしまう傾向があるのです。
相手の表情や気持ちを考えすぎてしまうなど、他人の評価を気にしすぎてしまう人と同じ傾向があります。

完璧主義

完璧主義の人は、責任感のある態度から職場でも信頼を得やすいタイプです。
一方で、何事にも人一倍頑張ってしまうため、ストレスを感じやすいでしょう。

たとえば、仕事で誰よりも成績をあげようと努力したり、はじめから求められている水準以上の結果を出そうと頑張りすぎてしまう傾向もみられます。

高い目標に向かって努力をする向上心は評価されるべきですが、度がこえると大きなストレスを抱える原因となることも。
心身が疲れ果てるまで頑張りすぎるのは、やめておいた方がよいでしょう。

視野が狭い

視野が狭い人は、他人の意見を聞き入れられずに、自分の考えや意見に固執してしまう傾向があります。
自分の主張があるのはよいことですが、他人の意見を受け入れらないのは視野が狭い人の欠点です。

また、真面目すぎる性格の人も、視野が狭い傾向があります。
自分が知らないことや理解できないことに抵抗感を感じ、知らない間にストレスをため込んでしまうのでしょう。

このような人は、知識や経験を増やすことで視野を広く持てるようになりますよ。
視野を広げ思考に柔軟性を持てば、人間関係のストレスも減らしていけるはずです。

人間関係がストレスになる5つの原因

どのようなときに、人は人間関係にストレスを感じてしまうのでしょうか?
ここでは、人間関係がストレスになる5つの原因についてくわしくご紹介していきます。

仕事関係

ほとんどの職種では、人間関係なくして仕事をするのは難しいもの。

気持ちよく仕事をしたいと思っていても、仕事関係で何らかの悩みを抱えている人は多いものです。
どうしても好きになれない上司や、相性のわるい同僚などに頭を悩まされた経験のある人も少なくないのではないでしょうか?

いくら自分で改善しようとしても、一緒に仕事をする人や職場環境を選ぶのはなかなかできませんよね。
自分ではどうしようもない理由でストレスを抱えているのなら、転職を視野にいれるのもひとつの方法としておすすめです。

生活リズム

慢性的な睡眠不足や、偏った食生活、昼夜逆転といった不規則な生活をつづけていると自律神経が乱れます。

自律神経は全身の器官をコントロールしているため、バランスが崩れてしまうと「イライラする」「疲れやすい」など、さまざまな症状があらわれてしまうのです。

生活リズムは、思っているよりも私たちの健康状態を左右します。

不規則な生活をつづけていると、疲労をためてしまうだけでなく、ストレスも増大させる原因となる恐れもあるのです。
体調の変化を感じたら、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

他人の意見を優先してしまう

自分の意見に自信を持てずに、他人の意見を優先してしまうのも、ストレスをためる原因のひとつ。

本当はもっと自分らしく過ごしたいのに、つい相手に気をつかってしまい意見を言えない人もいます。
このような人は、「嫌われたくない」「仲間外れにされたくない」といった思いから、他人の意見を優先してしまうのでしょう。

しかし、相手の意見ばかりを優先していると、立場的に不利な状況になるケースが多くなり、余計にストレスを感じてしまいます。

そんな時は、スルースキルをしっかり身につけて必要なこととそうでないことを自分なりにはっきりさせましょう。

【ストレスフリー】スルースキルを身につけてストレスから解放される方法5選!
今回は、スルースキルを身につけることによってストレスから解放されるということについて解説しました。身の回りにめんどくさいこと言ってくる人、ネガティブなことばかり言ってくる人いませんか?そんな人達の意見を鵜呑みにして流されていると自分にとっていい影響はありません。みなさんもスルースキルを身につけてストレスフリーな生活を送りましょう。

人と比較する場面が多い

「仕事のできる同期と比較される」など、人と比較される場面が多いとストレスを感じてしまいますよね。
また、自ら優秀な人と自分を比較してしまう人もいるでしょう。

しかし、他人と自分を比べるほど自分らしさが失われ悪循環に陥ってしまいます。
いくら他人と比較したところで、自分と他人はまったく異なる人間です。

人は人、他人は他人と割り切って考えればストレスも軽減できるはず。
社会の中で生きていく以上、人と比べたり比べられる場面があるのは仕方がありませんが、必要以上に気にしすぎないようにすることも大切ですよ。

相性が合わないコミュニティに属している

自分と価値観や考え方が異なるコミュニティに属していると、どうしてもストレスを感じてしまう機会が多くなります。

家族や仕事、趣味のグループなど、自分で変えられるものと変えられないコミュニティもありますよね。
できる限り相性のよい人たちだけと関係を持てば、今よりも生きやすくなるはずです。

現代では、自分から探せばさまざまなコミュニティと繋がれます。
合わないコミュニティではなく、自分に適したコミュニティを見つけて関係をつないでいけば、より人生は充実していくでしょう。

人間関係のストレスを解消するために意識すべき5つのポイント

ここからは、人間関係のストレスを解消するために意識すべき5つのポイントについてくわしくご紹介していきます。

それでは順番にみていきましょう!

他人は他人、自分は自分と割り切る

「他人は他人、自分は自分!」とわかっていても、なかなか割り切るのが難しいときもありますよね。

しかし、人からの評価や視線ばかりを気にしていると、生きづらくなってしまうのも事実です。
自分は自分と割り切って考えれば人の意見に左右されなくなるため、人間関係を築いていくうえでもプラスに働きます。

自分の短所も長所も理解したうえで、「どうしたら長所を生かした生き方ができるか?」を考えれば、自然と自分らしい生き方がみえてくるはずですよ。

アサーティブコミュニケーションを取り入れる

アサーティブ(assertive)とは「自己主張する」という意味です。
ただし、自分の主張を一方的に述べるのではなく、相手を尊重しながら自己表現をおこなうことを指します。

たとえば、自分の仕事で手一杯なのにも関わらず、上司から無理な依頼をされたとしましょう。

その際には、

「今は〇〇をおこなっているため時間を取れません。この仕事が終わってからなら取りかかれます。それでもよろしいですか?」

といったように、自分の状況を説明したうえで代替案を伝えることが大切です。

アサーティブコミュニケーションを身につければ、自分にとっても相手にとっても気持ちのよいコミュニケーションが取れるようになります。
良好な人間関係を築くためにも、アサーティブコミュニケーションを取り入れてみてはいかがでしょうか。

客観的な目線を持つ

視野が狭いと自分の考えに固執してしまったりと、人間関係でもストレスを抱えがち。

一方、広い視野を持てれば柔軟な思考が手に入り、良好な人間関係も築きやすくなります。
幅広い視野を持つために大切なのが、客観的な目線を持つことです。

たとえば、「仕事でミスをしてしまったから上司に見捨てられた」と思ったとしましょう。
「仕事でミスをしてしまった」のは事実ですが、「上司に見捨てられた」のは自分の思い込みですよね。

このように、1度抱いた感情を客観的に分析できれば落ち込むことも少なくなるかもしれませんよ。

ひとりで抱え込まない

生きていると仕事やプライベートなど、人間関係についての悩みを持ってしまうこともありますよね。
そんなときに、ひとりで悩みを抱え込んでしまうのはおすすめできません。

なぜならひとりで悩んでいると視野が狭くなり、どんどん追い込まれて精神的につらい状況になってしまいかねないからです。

人間関係で悩んでしまったときこそ、信頼できる誰かに相談してみましょう。
悩みを打ち明けるだけでも、ずいぶんと心が楽になります。

もしも、身近に相談できる人がいないのであれば、カウンセラーなどに相談してみるのもひとつの方法です。

「悩んで落ち込んでしまったときこそ、誰かに相談してみる」という選択肢を持つことも大切ですよ。

他人に期待しすぎない

他人に対して期待を持つのは、良好な人間関係を築くうえで大切なことです。

しかし、他人に期待をしすぎてしまえば少しのミスにもイライラしてしまったり、期待が裏切られたと感じてしまう恐れもあります。
とくに完璧主義な性格の人は、他人にも完璧を求めてしまいがち。

しかし、自分と他人は違う人間です。
「自分は他人とは違う」という前提で行動すれば、自分の予想と違う行動にも疑問がなくなり、相手に期待しすぎないようになります。

自分には理解できない他人の言動や行動に対しても、「そういう人もいる」と認められるようになれば気持ちが楽になるはずです。

簡単にできる人間関係のストレス解消法5選

ではここからは、簡単に実践できる人間関係のストレス解消法についてくわしく解説していきます。
ぜひ、先ほどの意識すべき5つのポイントをおさえたうえで試してみてくださいね。

それでは順番にみていきましょう!

良質な睡眠を取る

現代社会では、多くの人が睡眠不足を感じています。
良質な睡眠を取ることは、疲労を回復するうえでとても重要です。

人間関係のストレスを解消させるためにも、良質な睡眠を取るように心がけましょう。

こちらでは、良質な睡眠を取るうえで大切なポイントを以下にまとめました。

  • 規則正しい生活を心がける
  • 寝る前のカフェインやアルコールは控える
  • 休日は寝過ぎない
  • 満腹の状態で寝ない
  • 朝食を取る

良質な睡眠をしっかりと取って、疲労やストレスも解消してしまいましょう。

アロマなどで気持ちを落ち着かせる

ストレス解消には、アロマもおすすめです。
最近では人間関係や仕事のストレスを和らげるために、アロマテラピーを楽しむ人も増えています。

アロマテラピーは、植物から抽出したエッセンシャルオイルによって心身のトラブルを減らし、健康や美容のサポートをしてくれる芳香療法です。

嗅覚は五感の中で唯一、怒りや悲しみなどの感情の動きに伝わるといわれています。
そのため、アロマの香りを嗅ぐと心が落ち着いてリラックスできるのです。

  • イライラした気分を抑えたい:
    「柑橘・樹木・フローラル系」
  • 不安や心配な気持ちから解放されたい:
    「柑橘・フローラル・樹木系」
  • リラックスしたい:
    「オリエンタル系・ハーブ系」
  • やる気を上げたい:
    「柑橘・ハーブ系」
  • モヤモヤした気分をすっきりさせたい:
    「柑橘・ハーブ系」

といったように、気分や効果に合わせてアロマの香りを選んでみてください。
睡眠の前にリラックス効果のあるアロマの香りを嗅ぐのも、良質な睡眠に効果的ですよ。

運動やストレッチで体を動かす

人間関係のストレスを解消するためにも、運動やストレッチは効果的です。

運動をすることで、セロトニンやエンドルフィンといった、ストレス解消に効果のあるホルモン分泌が活発になります。
そのため、適度な運動は精神を安定させストレスを軽減させる効果があるのです。

とくに、デスクワークの人や普段はあまり体を動かす機会がない人こそ、気分転換のためにも簡単な運動を取り入れてみるとよいでしょう。

たとえば、ウォーキングやランニングであればすぐにでもできますよね。
運動が苦手なら、ヨガやストレッチなどのリラックス効果の高いエクササイズを取り入れてみるのもよいでしょう。

あなたの運動レベルや生活スタイルに合わせて、ぜひ実践してみてください。

しっかりと休暇を取る

ストレスを感じているときには、しっかりと休暇を取ることも大切です。
休日はゆっくりとした時間を過ごしたり、気分転換に友達や家族と出掛けてみてはいかがでしょうか。

土日だけでは疲れがとれないようなら、思い切って有給を取得するのもよいでしょう。
普段はいけない、遠くの地へ旅行するのもおすすめです。

いつもとは違う環境や景色に触れれば、気持ちがリセットされるはず。
時には思い切った行動で、自分を楽しませてあげてはいかがでしょうか。

どうしても耐えられない場合は環境を変えてみる

どうしても今の環境が耐えられないのであれば、環境を変えてみるのもよいでしょう。
今いる環境を飛び出すことで視野が広がったり、新しい人脈を築けるかもしれません。

また、仕事関係の人間関係に不満があるなら思い切って転職するのもおすすめです。
転職をすれば、収入アップや条件の改善など成功すれば得られるメリットも多くあります。
新しいキャリアを積めるきっかけになるかもしれませんよ。

以上は、以前ご紹介した自律神経を整えることにもつながります。

【体験談】自律神経を整えるためのライフスタイルをご紹介!!
今回は、自律神経の整え方についてご説明しました。さまざまな原因で乱れる自律神経。生活習慣を見直すことで改善することができるかもしれません。皆さんもご紹介した方法で健康な体を手に入れることができると良いなと思います。

まとめ:人間関係のストレスを抱えすぎないように注意しよう

仕事やプライベート、私たちは毎日の生活の中でさまざまな人たちと関わりながら生きています。
生きている限り、人間関係のストレスをなくすのは難しいですよね。

しかし、意識の持ち方や考え方を変えるだけでもストレスを減らすのは可能です。
人間関係の悩みから解放されるためにも、今回ご紹介したストレスを解消するために意識するべきポイントや解消法を試してみてくださいね。

 

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました