ホーム » Financial » 【ETF投資】QQQの株価リターンは良いのか?メリット・デメリットを解析!
a

【ETF投資】QQQの株価リターンは良いのか?メリット・デメリットを解析!

Financial

米国ETFのQQQに興味がありますが、株価のリターンは良いのでしょうか?また、QQQのデメリットはありませんか?

QQQのリターンは米株の代表的な指数S&P500を大きく上回っており、ハイリターンなETFです。一方、QQQにはPERが割高な成長株が多く含まれるので、成長率が鈍化した場合の下落リスクには気を付けないといけません。

QQQはハイリスク・ハイリターンなETFなので、その特徴を理解して使うことが大事です。

本記事では、QQQの長期株価チャートやリターン、手数料などを他ETFと比較し、メリット・デメリットなどをまとめました。これを読めば、QQQの魅力と注意点などがわかります。

 

先に結論からいうと、QQQはIT関連企業の割合が非常に高くてハイリターンなETFです。QQQはIT関連産業の将来を信じている方におすすめなETFです。

  • QQQの構成銘柄はGAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)の5社で合計44%
  • 2005年~2020年の年平均リターンは約13%で高い(S&P500は約8.3%)
  • QQQの分配金(配当金)は少ない。リターンは主に値上がり益が中心である
  • QQQの手数料(経費率)は年0.20%で安い
  • QQQの構成銘柄は成長株が多いので、価格変動が大きくなりやすいのがデメリット

QQQは大手ネット証券3社(SBI証券、楽天証券、マネックス証券)で買えます。年間コストは少し高くなりますが、国内投資信託で類似の商品もあります。

 

QQQの株価チャートとリターン、リスク(他ETFと比較)

最初にQQQの株価チャートとリターン、リスク(暴落時の変動率)を見てみます。

わかりやすくするため、VGT(情報通信セクターETF)、Vanguard 500 Index Investor(S&P500に連動するファンド)と比較しました。

QQQの株価チャート(VGT・S&P500と比較)

QQQの株価チャート(分配金を再投資した場合)は以下のようになっています。

QQQは2005年からの15.5年間で約6.6倍になっています。また、QQQと同じくハイテク企業が多いVGTは約6.4倍になっています。

一方、Vanguard 500 Index Investor(S&P500に連動)は同期間で3.4倍です。QQQ、VGTの上昇率のほうが2倍近く大きいです。

QQQの平均リターン(VGT・S&P500と比較)

QQQ、VGT、Vanguard 500 Index Investor(S&P500に連動)の年率平均リターンは、それぞれ以下のようになっています(2005年1月~2020年6月)。

  • QQQ:13.05%
  • VGT:12.74%
  • Vanguard 500 Index Investor: 8.26%

Vanguard 500 Index Investorの年率8%超でも十分なリターンですが、QQQ、VGTのリターンはさらに4.5~5%も大きいです。

過去の成績でみると、QQQ、VGTはハイリターンなETFです。

QQQの年次リターン(VGT・S&P500と比較)

QQQ、VGT、Vanguard 500 Index Investor(S&P500に連動)の年次リターンは下表のようになっています。

多くの年でQQQ、VGTのリターンがVanguard 500 Index Investorを上回っています。特に、リーマンショック直後の2009年のリターンは強烈です。

QQQのリターンが好調なのは、QQQの主要銘柄となっているGAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)が2010年代に大きく躍進したからです(VGTもApple、Microsoftの割合が大きい)。

あくまでも上記は過去のデータなので、今後もQQQ、VGTのリターンがよいかはわかりません。

しかし、今のところGAFAMの優位性はゆるぎないように見えます。そのため、今後もしばらくの間、QQQ、VGTの高リターンは続くのではないかと期待できます。

QQQのデメリットはリスクがやや大きいこと(価格変動について、VGT・S&P500と比較)

一方、QQQの組み入れ銘柄は成長株が中心になっているため、価格変動(リスク)がやや大きいという傾向があります。

たとえば、2018年12月のクリスマスショック前後のQQQ、VGT、Vanguard 500 Index Investor(S&P500に連動)の株価チャートは以下のようになっています。

  • 青線:QQQ
  • 紫線:VGT
  • 水色線:S&P500

わかりやすくするため、クリスマスショック前の高値から安値までの下落率を調べると、以下のようになっています。

  • QQQ:21%
  • VGT:22%
  • Vanguard 500 Index Investor: 18%

Vanguard 500 Index Investor(S&P500に連動)に対して、QQQ・VGTの下落率がやや大きくなっています。

QQQやVGTに多く含まれている成長株は、期待感から株価が高く維持されていることが多いです。期待感で高くなった株価は、市場全体の暴落に直面すると、割高感が意識されて売られやすくなります。

成長株で構成されたQQQ・VGTはハイリターンな一方、ハイリスクなETFであると考えておくといいです。

QQQの手数料(経費率/信託報酬)を他ETFと比較

QQQなどの米国ETFにかかる手数料は、以下の2種類があります。

  • 売買手数料(売買したときのみかかる費用)
  • 総経費率(保有期間中、継続的にかかる費用。国内投資信託では信託報酬に相当)

売買手数料は、証券会社ごとに決まっています。詳しくはQQQの買い方で解説します。

ここでは、QQQの総経費率について解説します。

QQQの経費率(信託報酬)

QQQとその他ETF(代表として、VGT・VOOなど)の経費率を比較すると、下表のようになります。

名称特徴経費率
QQQナスダック100指数に連動0.20%
VOOS&P500に連動0.03%
SPYS&P500に連動0.09%
VTFTSEグローバル・オールキャップ・インデックス(全世界株式インデックス)に連動0.08%
VGT情報技術セクターの指数に連動0.10%
VYMFTSEハイデ ィビデンド・イールド指数に連動(高配当ETF)0.06%
SPYDS&P 500 高配当指数に連動(高配当ETF)0.07%
HDVモーニングスター配当フォーカス指数に連動(高配当ETF)0.08%
SPXLS&P500の日次運用実績の3倍(300%)に連動0.95%
TECLテクノロジー・セレクト・セクター指数の日次運用実績の3倍(300%)に連動0.95%

QQQの経費率は年率0.20%です。低コストで知られているバンガード社のETF(VOOやVT、VGT、VYM)などと比べると、QQQの経費率は少し高くみえるかもしれません。

しかし、その差は0.1%~0.15%ほどであり、大きな差ではありません。

むしろ年0.20%の経費率で、GAFAMなどのハイテク銘柄に手軽に分散投資できる(しかも2005~2020年で年間平均約13%ものリターンを得られている)というメリットのほうが大きいです。

個別株で分散投資するには資金が少ないけど、ハイテク株に投資したいという方は、QQQを活用するとよいです。

QQQの分配金(配当金)は少ない

次に、QQQの分配金は以下のようになっています。

QQQの2019年の分配金は合計約1.6ドルです。QQQの株価は244.24ドル(2020/6/19終値)なので、2019年の実績に対する配当金利回りは0.66%です。

他のETFと比べると、QQQの分配金利回りはあまり高くありません。

QQQは配当金目的ではなく、値上がり益目的で投資する銘柄

QQQの構成銘柄はグロース株(成長株)が多いです。グロース株は成長のために資金を使うほうが株主にとって良いため、QQQの組入れ銘柄には無配銘柄が多くなっています(たとえば、Google、Facebook、Amazonなど)。

QQQは値上がり益(キャピタルゲイン)目的で投資すべきETFであり、分配金(インカムゲイン)目的の投資には適していません。

もし分配金目的なら、VYMやSPYD、HDVなどの高配当ETFで投資するとよいです。

  • VYM:バンガード・米国高配当株式ETF
  • SPYD:SPDR ポートフォリオS&P500®高配当株式ETF
  • HDV:iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF

QQQのPERは割高なことが多い(成長株の特徴をもつ)

株価の割高さを表す指標の一つとして、PERがあります。PERが低いほど割安、PERが高いほど割高を表しています。

ただし、PERが割高だと株価が下がりやすいというわけではありません。高成長が持続するならば、PERが高くても将来の業績に対して割安と考えられるからです。

PERは銘柄の特徴を表す指標の一つと考えるとよいです。

QQQのFact sheetによると、QQQのPERは30.74倍(2020/3/31時点)です。

PERは15~20倍くらいが平均値と言われますので、QQQのPERは平均より高くなっています(つまり、割高)。

PERが高い銘柄の特徴

PERの高い銘柄、低い銘柄は、一般的に以下のような特徴があります。

項目PERが高い銘柄PERが低い銘柄
株価の高低株価が割高株価が割安
銘柄の特徴成長株が多い成熟株・業績停滞株が多い
メリット高成長が続けば、業績拡大に応じた株価上昇が見込める本来の価値に注目が集まったとき、株価上昇が見込める
デメリット成長がストップしたときに、株価が急落しやすいずっと割安なまま放置される可能性がある

QQQのPERが高いのは、その構成銘柄に高成長株が多く含まれているからです。そのため、QQQは高成長株の特徴を持っています。

高成長株は業績成長が続く限り、高い株価上昇率を期待できます。しかし、もし成長がストップしてしまうと、成長期待がはげ落ちて、株価が急落しやすいというリスクもあります(つまり、高成長株はハイリスク・ハイリターン)。

QQQはたくさんの高成長株に分散投資することで、個別企業における業績悪化リスクを軽減しています。そのため、QQQはハイリターンでありながら、株価急落のリスクをある程度軽減できるという良さがあります。

とはいえ、成長株は期待感で高い株価が維持されているため、市場の勢いによって、株価が変動しやすいという特長があります。ETFのように分散投資しても、市場全体の変化に対するリスクは軽減できません。

QQQはあくまでもハイリスク・ハイリターンな銘柄の集合体であるという意識はしておくと良いです。

まとめ

本記事では、QQQの長期株価チャートやリターン、手数料などを他ETFと比較し、メリット・デメリットなどについて解説しました。

QQQは主にGAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)などのIT関連企業で構成されるETFです。

QQQは株価変動がやや大きい(ハイリスク)というデメリットがありますが、2005~2020年のリターンはS&P500を大きく上回っています

QQQはハイリターンなETFとして人気であり、IT関連企業の将来性を信じて投資したいという方におすすめなETFです。

市場全体が暴落したときにQQQを買えれば良いですが、QQQは人気が高いETFなので、なかなか株価が下がることはないかもしれません。定期的に積立投資して、長期的な成長を期待する投資方法も良いと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました