ホーム » Life » 【転職者必見!!】円満退職のやり方と意思の伝え方を解説します
a

【転職者必見!!】円満退職のやり方と意思の伝え方を解説します

Life

こんにちはまるです😊

「今転職活動をしているけど、円満に退職したい。」

「上司にうまく伝えて後味良く退職したい」

そんな方いらっしゃるのではないでしょうか?そんな方の為に円満に退職するための秘訣をお伝えしたいと思います😊

転職の際は、円満退職!

転職をする場合は、円満退職をすることもプランの一つとして考えるべきです。

やめる会社であっても社会人の常識としてきちんとした形で退職するべきです。

新しい会社でも仕事の関係で関わる人もいるかもしれません。急な退職は、後味の悪い辞め方になってしまうことがありますので、2カ月くらい前に直属の上司へと、やめたいという気持ちを相談をもちかけておくことです。退職の意思を表明するのは同僚からではなく、直属の上司にまず話を通すという形が、円満退職をするためのマナーであると言われています。

直属の上司を飛び越して、その上の人に話すと、上司の顔をつぶすような事態になります。

直属の上司に打ち明ける時には、相談をするというスタイルがいいでしょう。

退職の意向を受けた上司は、退職の段取りを決めるために、上の役職の人達と話をまとめてくれます。そこで初めて正式に退職が決まります。

【20代必見】転職活動はいつ始めるのがベスト?転職に適した時期とは?
今回は、転職を考えることが一番多い20代中盤〜の方々へ向け、転職の準備に必要な時間やタイミングなどをご紹介したいと思います。 パラレルキャリア・マルチキャリアという言葉が浸透してきた昨今、転職をすることは当たり前になってくるかもしれません。そんな時に少しでも参考になればと思います。

円満退職の秘訣

正式に広報されるまでは同僚や部下、先輩などにも言わないこと。

社外に関係する理由で、退職をするという体裁が、円満退職では大事です。社内の問題が爆発して退職になったという話を暴露しまうと、円満退職にならない場合が多くなるでしょう。へたをすると、ひきとめられてしまう可能性もあります。もしも円満退職をしたいと思っているなら、どのような事情があっても、会社への不満は飲み込みましょう。

会社の人達といい関係を築いたままで円満退職をしたいなら、自己都合や、自分の可能性を摸索するためなど、ポジティブな理由で退職をしましょう。

 

☆どうしてもネガティブな理由で退職したい。
☆もう会社に行きたくない。このまま退職したい。という方必見!!
業界”最強”の【退職代行ガーディアン】
🌟退職代行ガーディアンのいいところ🌟
収入が少ない若年層のニーズはまず低費用、そして、簡単で確実に退職できること。
・大手退職代行でも実は危ない!?なぜなら、昨今は会社も違法退職代行対策進んでいます。
・一般法人は退職日交渉すらできないのでトラブルになり損害賠償や懲戒解雇にされるケースもあります
 …依頼するなら弁護士(手続き面倒で高い)に頼むか法適合の労働組合。 

円満退職をするための方法

転職先を決め、今勤めている会社を退社する時には、円満退職をしたいものですが、どんな予定で行動すると、円満退職が可能になるでしょう。

転職前に確認すべき点

  1. 円満退職をするには業務の引き継ぎや会社側が後任者を定める期間も考えて少なくとも1か月以上前には上司に退職の意思を表示しておきましょう。
  2. 職場環境や、周囲の人の都合なども考えて、周りの人の仕事が増えないような日程を組みます。退職をするなら、その後の金銭的なことも考える必要があります。
  3. 人によっては、失業手当が申請できるようにしておく必要があるでしょう。
  4. 有給休暇の残りをどのくらい消化するかという問題もあります。
  5. 退職1カ月前には、引き継ぎ手続きを始めなければいけません。ちゃんと引き継ぎができるかどうかが、円満退職ができるかに関わっています。後に仕事を引き継ぐ人がわかりやすいように資料作成をする場合もあります。
  6. 10日前になったら、あいさつ状を関係者に出します。取引先へも挨拶し後任者の紹介をすることも円満退職のためには大事なことです。
  7. 自分の机の周りはきれいに整理して、会社に返すものは一式揃え、パソコン内のデータもきれいにします。
  8. 年金手帳や、雇用保険被保険者証も、会社から受け取り、事務手続きに不備がないようにしておきます。円満退職をするためには、退職日までに余裕をもって自分が担当していた業務を引き渡しておくことが重要になります。

これまでお世話になった会社に不利益を与えることのないように気をつけることで、円満退職ができるようになります。

転職活動と円満退職について

円満退職をすることは、転職先を無事決めることができた時に残っている最終関門であるともいえます。

円満退職をすることで新しい職場での好調なスタートを切ることができるといっても過言ではありません。

上司にまず退職の話をする時には、上司の手があいている時を何とかうまく選びたいですね。普段の仕事に支障が生じないように配慮して、退職の意思を伝えるようにするといいでしょう。

家族への理解

転職をすると家族への影響は大きいですから、事前によく話をしておきましょう。家族の協力があれば、転職活動は断然やりやすくなります。退職することは、正式に決まるまではうかつに口にしないことです。

退職することは正式に決まるまで秘密に

未確認レベルで退職の話が社内に流れると、ぎくしゃくした雰囲気になることがあります。退職をすることが決定したら、具体的に何日まで出社するかは、上司と打ち合わせるようにします。退職までにしなければならないことなども含めていい日を決めましょう。転職先企業の受け入れのこともあるので一度決めた入社日は変更しないようにしましょう。

引き継ぎをしっかりと

引き継ぎ事項をまとめておくことも、円満退職では欠かせません。その人の価値は、いなくなった後にわかることもあります。これまでの信頼を保てるように、問題の起きない引き継ぎをしたいものです。

まとめ

できれば退職3日前までには必要な手続きを全て終わらせるようなプランをつくりましょう。最終日まで、誠心誠意心をこめて仕事に向き合う姿勢を持ち続けることが、円満退職をするために心がけたいことといえます。

☆どうしてもネガティブな理由で退職したい。
☆もう会社に行きたくない。このまま退職したい。という方必見!!
業界”最強”の【退職代行ガーディアン】
🌟退職代行ガーディアンのいいところ🌟
収入が少ない若年層のニーズはまず低費用、そして、簡単で確実に退職できること。
・大手退職代行でも実は危ない!?なぜなら、昨今は会社も違法退職代行対策進んでいます。
・一般法人は退職日交渉すらできないのでトラブルになり損害賠償や懲戒解雇にされるケースもあります
 …依頼するなら弁護士(手続き面倒で高い)に頼むか法適合の労働組合。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました