ホーム » Financial » 【公務員志望の方必見!】公務員への転職を成功させる秘訣をご紹介!
a

【公務員志望の方必見!】公務員への転職を成功させる秘訣をご紹介!

Financial

こんにちはまるです。😊

現在、コロナ禍において、会社や事業への将来性の不安や働き方の価値観の変化から、転職を考える人が増えています。しかし、8割が転職を考えたものの、実際に転職をしたのは1割にとどまることが分かりました。転職活動には時間と手間がかかることや、最終的な決め手の欠如、働き方や仕事にイメージがつかないことがハードルになっていると考えられます。

そんな中でも、雇用の安定という部分でまだまだ人気のある公務員。

今回は、公務員転職を成功させるための方法を簡単にまとめてみましたので、

公務員に転職したいという方へぜひご覧ください。

公務員になるための就職活動

国家公務員や地方公務員共になるための就職活動は、民間企業への就職活動とは異なる部分があります。

公務員試験を受ける場合、一次の書類試験に合格するために受験勉強をしておかなければなりません。

就職希望先が民間の場合は、面接対策のほうが重視されますが、公務員試験を受ける時には、まず筆記対策が重要です。なりたい公務員の内容によっては、二次試験でもっと専門的な試験を受けることになりますので、さらに勉強が必要です。

公務員試験を受けるための予備校もありますし、人によっては大学1~2年のうちから勉強を開始します。予備校に行って、公務員になるための試験対策を教わったり、勉強の仕方を知ることは、とても重要な意味を持ちます。

🌟逆に公務員から民間企業への転職についてまとめた記事はこちらになります↓↓🌟

【20代必見】公務員から民間企業への転職は〇〇な人は向いている?
今回は、公務員で転職を考えている方へどんな方が転職に向いているのか?後悔しない転職をするために必要なことについて解説しました。 実際に私が活用した転職サイトやエージェントも紹介していますので、ぜひご覧ください。

まだまだ人気な公務員?!

公務員試験の倍率は、そのときの時代の景気によっても大きく左右される傾向があります。バブル経済がはじけた1990年代後半から、倒産の心配がない公務員の倍率がいきなり増えたりもしました。景気がよくない年になると、民間企業の求人数が減り、競争倍率がどこも高くなりますので、就職先を探す人があふれます。景気が悪い年は、民間企業の存続が危ぶまれるようになって、安定している公務員に人気が集中します。人気が集中した時は、一般職や、事務職につくために、100倍の難関を突破する必要がありました。

就職先に公務員を希望するなら、早期から試験対策をしておきましょう。経済情勢が悪化すると、一気に狭き門になってしまいます。

就職試験での一般常識問題について

多くの企業では、就職試験の第一次選考として、一般常識の筆記試験を行うことがあります。

最近では、公務員試験でも専門的な公務員筆記試験の他に、一般企業同様の一般常識や時事問題を出題される自治体も増えてきています。

一般常識を乗り越える鍵はマスメディア?!

一般常識試験は、非常に幅広い分野から出題されるので、いざ就職活動をはじめる時期を迎えてから何らかの準備をしようとしても間に合いません。事前に対策を立ててから就職活動をしようとしても、範囲が広すぎてなかなか終わらず、無駄な手間になってしまいます。

就職活動を成功させるために一般常識問題の勉強を進めておきたいという場合は、できるだけ早く取り組んでおくといいでしょう。

企業や自治体が就職試験を行う時に出す問題は、そう難易度が高くはありません。ぼんやりと知っている程度でも、問題の解答が可能です。色々なジャンルの話を聞いてきますが、詳しく知っている必要はないという利点もあります。

難しい問題が出題されないと聞けばほっとする人も多いですが、とにかく広範囲であることが一般常識試験のネックです。決して難しく考える必要はありませんが、対策のための時間はしっかり確保しておいた方が無難です。どんな問題が出るのか、過去問を解いたり、経験者の話を聞くなどして、情報を集めましょう。

時事問題や、社会情勢なども問題に組み込まれますので、新聞を読む習慣などがテスト勉強がわりになります。就職活動用の参考書の中には、一般常識や、世相を反映した問題についてを問題形式で出版しているものもあります。普段から、テレビや新聞をチェックして、世の中の動きに興味を持つようにしていると、就職活動の時事問題にも対応できるようになります。

🌟働き方改革でマスコミの注目を集めているフリーランス求人サービス【クラウドテック】🌟
・働き方の多様化で需要が広がるクラウドワーカー
・独立したい。業務委託で働きたい。
そんなフリーランスのための求人サービス「クラウドテック」。
報酬額や勤務地、職種やスキルなど、ワーカーの希望を 専属キャリアサポーターが伺い、
最適なお仕事をご提案します。

 

公務員の中途採用の方法について

公務員の採用枠は毎年ごくわずかですから、公務員になりたくてもなれずに諦めたという人は、かなり大勢いるようです。公務員の試験に合格できず、泣く泣く公務員を諦める人が毎年、数多くいます。けれども、やっぱり公務員になりたいと考えているような人は、再度、公務員試験を受けなければなりません。

民間企業で働いているけれど、公務員になりたいという人でも、中途採用の可能性は存在しています。中途採用試験がありますので、その試験を突破しさえすれば、公務員になることができるというわけです。

現在では、新卒採用だけではなく、民家企業の経験者を中途採用している自治体も年々増加しています。団体職員は准公務員扱いですが、そういった国公立大学の職員や、公共団体の職員の中途採用も盛んに行われています。中途採用によって公務員として就職するチャンスは数多く用意されているのです。

業務内容の見直しや、人件費の節約のために、中途採用者の経験や実績を求める自治体や公共団体は増えていますので、これからもチャンスは大いにあります。公務員として働くことの魅力に、女性でも評価される場がしっかりあることや、福利厚生が良いことがあります。結婚するために仕事をやめざるをえなかた女性でも、公務員に再就職ができるという選択肢は嬉しいものです。

多くの場合、中途採用には年齢制限が定められているので、公務員試験に挑戦する時には、しっかりとした情報収集が必要になります。

行政機関への就職でエコ関連の仕事をする?

就職活動では、エコな分野の仕事をするために、公務員への就職を求める人もいます。
行政の仕事とは、簡単に言えば市民や公共サービスを提供するというものです。

行政の手掛ける環境に関わる仕事は、多岐に渡っています。ゴミ処理や、リサイクル問題もエコに関わりますし、公害や環境対策、自然保護、一次産業に関係する仕事もエコに関係しています。地域が抱えるエコな問題に対して、仕事として取り組めることが、地方自治体の魅力です。大きなプロジェクトから小さな取り組みまで、地域には様々なエコな仕事が存在します。

もっと大規模な形でエコの問題に関係したいという人は、中央官庁への就職を目指してもいいでしょう。環境省に入庁することで、環境問題に取り組むことができます。

限りあるエネルギー資源をどう使うかは、経済産業省の管轄です。エネルギー問題は、資源が限りあるものですから、これからもっと発展していく分野といえます。

一次産業に関わるという形でエコな仕事をする時は、農林水産省になります。公務員試験に合格した人でなければ、中央官庁には入れません。

しかし、公務員試験の倍率は高く、時間をかけて試験勉強をしなければいけません。入ることは大変ですが、日本の抱える環境問題に根本から取り組みたいという人は、中央官庁に入るという方法はとても魅力的です。就職活動をする時には、どのような形でエコな仕事につきたいかを十分に検討した上で、必要な準備を済ませて取り組むことが大事です。

🌟働き方改革でマスコミの注目を集めているフリーランス求人サービス【クラウドテック】🌟
・働き方の多様化で需要が広がるクラウドワーカー
・独立したい。業務委託で働きたい。
そんなフリーランスのための求人サービス「クラウドテック」。
報酬額や勤務地、職種やスキルなど、ワーカーの希望を 専属キャリアサポーターが伺い、
最適なお仕事をご提案します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました